みんなのクレジット』の白石伸生社長は、業界においては
まだ新しいこのソーシャルレンディングのシステム運営の会社を、
新しい企画をたてたり、新たな試みにむかって行動をおこしたり、
いい意味での風を吹かせています。

ソーシャルレンディングの発祥地である海外と比べて
まだまだ認知度も高いとは言えない新しい投資法で、
楽しみながら自分の大切な資産を運用し、
融資を受けた人も融資をする投資家もWINWINな状況になり、
社会貢献を目指した事業を目標にしているのです。

魅力的な新しい投資法

白石伸生代表取締役社長は、90年代に事業を始めました。
まだ大学生だった白石社長は、資金調達に苦労しながらも
事業を続け、大学を卒業してからもどんどん事業を拡大していきました。

さまざまな経験をしたからこそ、今の白石社長の経営理念があるのです。
融資を受けたい人がいて、自分の大切な資産を
どうにかして運用し増やしたいと考えている人がいます。

融資を受けたい人にどれだけ信念があり、事業に情熱を燃やしていても、
事業実績がない、個人事業主であるということから金融機関から
融資を受けられないことが多くあります。

そして、投資家の場合、山ほど資金をもっているわけではなく、
投資のための不動産を買うのにローンを
組むのも面倒だなど、といった人たちで、
投資をしたいけどなかなか手が出せない、
そしてその方法も知らないという人に
注目されているのがソーシャルレンディングです。

白石社長は、自分の経験から、ソーシャルレンディングをおこなう
新しい事業『みんなのクレジット』をスタートし、
多くの投資家を満足させ、たくさんの事業主を助けてきました。

白石社長のサービス運営会社が投資家に
注目されているのは、利回りのよさです。
かなり高い利回りになっているのと、頻繁にキャンペーンを展開し
キャッシュバックが多いというのも魅力で、ベテランの投資家から
初心者にわたるまで、多くの投資家に注目されているのです。
そして、白石伸生社長はさまざまなインタビューを受け、興味深いことを語っています。

社会貢献できる事業であること

ソーシャルレンディングの役割は、融資を受けたい人や企業と、
融資を行いたいと思っている投資家をマッチングさせることです。
マッチングさせるまでの間には、融資を希望する事業や
企業について徹底的に調査を行います。
そして、その調査をクリアした場合、ファンドとして
ホームページ上で紹介され、融資を募集します。

投資家は、ソーシャルレンディングを運営する会社に
投資口座を開き、運営会社のホームページで紹介される
案件を見ながら自分で投資先を決めます。

運用期間、最低投資額、利回り等についての情報をもとに、
自分の希望にあったものを、自分で選ぶことができるのです。
そして、ファンドが成立した場合、融資を受けた企業に資金を渡し、
融資を受けた企業は毎月、利息とともに支払うお金を受け取り、
それを投資家へ配当として渡す、ここまでが
システム運営する会社の役割です。

つまりはお金のやり取りを借りる人、貸す人同士でしないで済むのです。
お金だけが動く、言い方がよくないですがそういうことです。

しかし白石伸生社長は、投資家を育てるのも事業の
役割の一つであると言っています。

投資家が自分で融資をしたことで、事業を成功させ、
さらに会社を大きくさせていることに社会貢献の
気持ちを持ってほしいと話しています。

自分が潤ってOKという感情に一つ加えて、別の感情や
目的が発生するだけで、ずいぶんその人の在り方が違います。
社会貢献ができる事業、それは白石伸生社長の目標のひとつなのです。

困っている人を助けるのも目的

世の中にはお金を必要としている人がたくさんいます。
そのお金のために一生懸命働き、毎日の生活をおくるのです。
シングルマザーやシングルファザーといった人たちへの
応援融資もしていく役割になりたい、と白石社長は話しています。

子供をひとりで育てている親御さんは、時間の余裕がありません。
そのシングルマザーやシングルファザーが病気などで倒れたら、
お金の面で困窮する家族もいるでしょう。

入学金や授業料が払えないために
進学をあきらめる子供たちもいます。
そんなシングルマザーやシングルファザーの家庭に
応援融資をするというソーシャルレンディングサービスを
実現しようとしています。
それも社会貢献になります。

国内だけでなく、アジア諸国の発展途上国で
事業を始めようと考える企業への投資ができるよう、
白石社長は現地に子会社をつくりました。

貧困のために困っている人に向けた融資が
できるようにならないか、と行動におこしたわけです。

ソーシャルレンディングによって、現地で多くの人の
雇用が望める施設などを作り、その施設を多くの人が利用し、
収益につながると思われる企業への融資が
行われるのも遠い話ではなさそうです。

ソーシャルレンディングを利用することで、
現行の金融機関が行っている高金利の融資ではなく、
低金利で、多くの人の力を借りて事業の成功を
叶えることができる人たちが増えるのはすぐそこです。

その時にはさらに多くの人たちに、
こんなこともやっているんだ、と
ソーシャルレンディングの
役割やシステムを知ってもらえるでしょう。