個人投資家と融資対象事業者をインターネットサービスで繋ぐ、ソーシャルレンディングサービスを提供している『みんなのクレジット』について、代表取締役である白石伸生が事業を展開しています。株でもなければFXでもないローリスクミドルリターンの投資商品を提供する業界の中でも、短期間に顧客を増やし注目されています。配当金利の高さ、担保の設定により貸し倒れリスクへの対処、魅力ある事業案件の提供などによって、多くの投資家に評価されています。

クラウドファンディングが注目されている理由を知るなら

インターネットのソーシャル機能を利用して、たくさんの投資家からの出資を短期間に集めることができるようになってきました。将来性のある事業者に融資を行なう新しいサービスがソーシャルレンディングであり、クラウドファンディングに分類されます。少額の資金から始めることができ、金利が高い投資案件が提供されるのが特徴です。販促キャンペーンなどのお得なサービスを利用したり、キャッシュバックを活用することで、より有利に投資を行なうことができるのがメリットです。貸し倒れのリスクも分散投資をすることで回避出来る上に、保証や担保が設定されている案件を選ぶことで、より安心して投資を続けることができるように配慮しています。

小口の投資家にとっては、ローリスクミドルリターンの投資案件となりますので、手軽に参入しやすいといった長所があります。毎月、安定して配当を受け取ることができるのも魅力の一つとなっています。事業者にとっても、資金調達のしやすさから大いに利用価値がありますので、検討されると良いでしょう。いずれのサービス提供会社も特色あるサービスを展開し、より信頼性の高い投資案件を提供しています。自身の投資スタイルに合った会社を選んで利用されることをお勧めします。比較的、後発で参入した『みんなのクレジット』は、短期間で業績を伸ばしてきており注目を集めていますが、こちらであれば最大14%の金利となる大変魅力的な案件を提供しています。

ソーシャルレンディングの注目株の特徴とは

代表取締役の白石伸生氏は、早稲田大学在学中から様々な事業を展開してきた気鋭の実業家です。ソーシャルサービスへの参入のタイミングは、業界の中では遅く後発の会社として位置付けられています。しかしながら、キャッシュバックや各種キャンペーンを実施して販促の効果もあり、口座開設数を増やし、業界では注目株と認知されてきました。また、提供する投資案件が優良であり、配当に直接影響する金利設定が高いのが特徴であり、投資家に評価される理由となっています。また、貸し倒れリスクを極力なくすために、融資対象の事業者を独自の基準で厳正に審査を行っています。財務状況や、信用できる事業者なのか等、審査をパスすることで初めて投資案件として採用するような体制を整えています。経験豊富な審査チームを常設しているのが特徴です。

貸し倒れゼロ件を念頭におき、投資資金に対する120%の担保、動産もしくは不動産を設定することで、投資資金を保全する画期的なオプションが付帯しています。資金提供者は、少額で参加できますので、分散投資によりリスク低減を図ることができ、これがメリットの一つとなっています。後発会社でありながら、ソーシャルレンディングを一般層に認知させた功績は大きく、2chでは専用のスレッドが立つなど注目度は抜群です。ブランド力も確立し、今後の伸びしろもありますので、投資商品の検討を開始するなら、『みんなのクレジット』を検討対象に入れることをお勧めします。

代表取締役・白石伸生が注目された理由まとめ

ソーシャルレンディングの注目株の特徴を見てきました。代表取締役である白石伸生は実業家であり、学生時代から様々な事業をてがけて現在に至ります。クラウドファンディングの業界参入は、後発でしたが、優良な投資案件の提供と、顧客優先のお得なキャンペーンの実施により短期間で、注目される程に顧客数を伸ばしてきています。また、最大14%の金利の高さも、投資家に評価される理由となっています(平均的な金利も他社比較で高めの設定となっています)。

参加している融資対象の事業者に対しても、厳正な審査を実施しており、審査をパスした事業者のみ参加できるような仕組みとなっています。その結果、優良な募集ファンドが随時提供されており、利回りの良さ、安定の配当、貸し倒れリスクの少ない安全性などが評価された結果です。ネットの口コミや2chなどの掲示板においても、話題となっており、注目されていることが分かります。また、後発会社としてビハインドがあったにも関わらず、一般層にも広く認知されつつあります。投資資金に不安があり、かつ安定した収益を望む方に是非お勧めしたい投資商品となっています。

サービス参加全員が笑顔になることをスローガンに、代表の白石伸生は事業を牽引し続けています。個人投資家や新規事業者双方の利害をマッチングさせ、winwinの関係になるサービスに注目してください。今後の事業展開にも、期待が寄せられており目が離せません。