投資といえば大きな額とリスクが不安であるため、行える人は少なかったですが、ローンファンド運営会社が行う少額の投資者を集めて大きな貸付を行うローリスクミドルリターンの投資が注目されだしました。

日本ではまだ新しい投資の形ですが、運営会社が増え、参加する人たちも多くなっています。
しかし、運営会社の与信力の有無がリスク回避の運命を担っていますので、どの運営会社を選択するかがとても重要です。

白石伸生氏の考えは、このソーシャルレンディングを機会にみんなで助けられる企業を増やそうという理念のもと、将来性のある中小企業を選び、ローンファンドを展開しています。

そのため、高い与信機能を持っていますのでリスク回避配慮も高いと言えるでしょう。

ローンファンド運営会社の人助け理念

中小企業支援ローンファンド案件が次々と組まれ、投資を募集している『みんなのクレジット』は、小さな企業を助ける人助けのためのファンドを中心に活動を展開している運営会社であることが判ります。

代表の石田伸生氏は、外国ではソーシャルレンディングは、小さな企業や個人においても行われており、中企業に限らず、個人に対しても行われています。

海外でのソーシャルレンディングの目的を日本でも展開すべく、多くの人からの少額投資の集合により貸付を行うことで人助けとなるファンド運営を理念として、石田伸生氏はこの運営会社を設立しました。
そのため、今後もその理念に基づき、様々なローン商品を誕生させる予定もあります。

この会社での投資の強みである担保を取る安全性保全についても、不動産や動産に限らず、価値ある権利物など担保物件の種類を広げて、融資対象者を増やすことができるようにも努めており、人助けの範囲を広げようと考えています。

ローンファンド運営会社利用によるネット投資はローリスクミドルリターンであることが人気を博していますが、プロの投資家よりも小さな額で貸付投資を楽しみたいという一般の人達の参加が多いため、出来る限りのリスク回避への配慮も必要です。

巷の小さな企業を救えても、投資した庶民に痛手を受けさせるようでは人助けにはなりません。
ゆくゆくは個人を助けるまでにローンファンド運営を発展させたいという白石伸生氏の気持ちに反することになります。
そのため、元本割れが全く無い状態の持続と大きな利回りの実現に努めています。

今後の投資のあり方を変える理念

日本では個人にお金を貸すことが禁じられていますが、ローンファンド運営会社が投資者との間に立ち貸付を行うことでそれを可能にしました。

今までは、投資により高利回りを得るには投資先をしっかり選んで大きな金額を準備する必要性がありました。

しかし、ローン商品の貸付のために複数の投資者から小さな額を集め、必要額に達した時貸付が実行される方法は、片方は助けられ片方は投資としての利益を得ることとなりますから、両者ともに満足できる利益を得られます。

この仕組みが日本に定着すれば、金融機関からの貸付が受けづらい小さな個人企業や個人の学業資金に至るまでローン商品の提供が可能になります。
ソーシャルレンディング自体日本に入り、そんなに経っていませんが、ファンド運営会社は随分と増えました。
後から参入した『みんなのクレジット』はその名の通り、みんなが小さい額を集合させることで、ローンをたくさんの企業や人にクレジットを提供できるという気持ちで運営されているローンファンド運営会社です。

120%担保による安全保全や毎月の利益配当などを行うのは投資者の確保という点に加え、実際にその与信力は非常に優れており案件は優良です。

確実に信用できる企業や個人であり、有望性があるにも関わらず、資金をスムーズに得られれば盛況するはずの状況の案件です。

みんなのクレジットの案件には、ローンを受ける側の発展性や抵当物についても明記されています。

ある程度具体的なことを知り、投資してあげたい気持ちになる案件を選択できます。
利回りも明記してありますが、その魅力以外にも気持ちが動く何かがそこにはあります。
もちろん投資は人情で行うものではありませんが、今後の日本でのソーシャルレンディングのあり方を変えたいという白石伸生氏の気持ちが見え隠れします。

安全性と安定性が高まる投資

庶民にとっては、投資がお得で安全であるという魅力が何よりも大事です。
しかし、一般的には投資の性質から考えると間違っています。

しかし、『みんなのクレジット』には、
利回りの安定性のための担保、毎月行われる利回り配当、口座手数料や取引手数料の無料、期間や利率の異なる多種多様の案件情報を提供するサービスがあります。

途中解約が不可能な分、期間も1ヶ月から3年の様々な案件から選べるので計画的な運用が可能となっています。
しかも、これからは担保対象の間口を大きくし、貸付対象者も増えるでしょう。
新しいローン商品も次々と誕生します。

更に今よりも高度な与信機能システムを導入する予定のローンファンド運営会社です。
信頼できる貸付が信用して任せられる投資を生み出し、さらなる発展を遂げるでしょう。

低リスクとはいえ投資には覚悟が必要ですが、ソーシャルレンディングに、今後も安全性と安定性が高くなる時代を白石伸生氏は作り上げると予想できます。

他のローンファンド運営会社のサービス内容とはかなり差があります。
比較をすると、投資する側への非常に大きな配慮が伺えます。

大きな利回りと元本割れ無しの実績に疑いを持つ人もいますが、体験者の言葉をチェックすると真実であることが明確ですし、業界でも一目置かれるようになってきました。

大きな額には無理があるけれど小さな額で確実な利益を得られる投資を体験してみたいという人は、手数料が不要でシンプルなみんなのクレジットで、まずは最低金額の10万円投資金額で、数カ月ものなど短い案件から始めてみるのが良いでしょう。