投資において高利回りを得るためには大きな額が必要でした。
小さな額の投資を集合させることで、
優良案件に投資するシステムのソーシャルレンディングを行う会社が増え、
小さな額で高利回りが実現可能となり、
今では誰もが気軽に投資ができるようになりました。

しかし、会社によりサービス内容が違います。
中でも、担保を投資額の120%分押え、
毎月利益配分がある白石伸生代表の運営する
みんなのクレジット』は、リスク回避配慮も高く、オススメの会社です。

少額投資で高利回りの投資参入システム

低リスクで高利回りという投資案件は
非常に魅力的ですが、それは、大きな資金の投資が必要な案件ばかりです。
そのため、大きな金額を準備できる人たちだけにしかできないことでした。
小さな投資で大きな利回りを実現するために、
小さな額を集合させて投資するという
ソーシャルレンディングが誕生し、今や誰でも小遣い程度で
低リスクの高利回り投資が可能になりました。

しかし、投資は低くてもリスクは常につきまといます。
また、期間内は解約ができないという不安もあります。
それは、当たり前のことと覚悟をするのが投資家ですが、
素人が小さな金額で行う投資では損はしたくないのが人情です。

リスクの認識を促しつつも、そんな気持ちに応えようと
斬新なシステムを築いたのが、『みんなのクレジット』です。
投資業界で活躍している白石伸生代表の投資者に配慮した、
少額投資で高利回りが得られるためのリスク回避対策
投資者への待遇は非常に優れています。

ソーシャルレンディングにおいては、個々の素人の小さな投資です。
大きな損得の間を味わう醍醐味よりも小さなリスクで確実な利益を得られるよう
充実したサービスの提供を行うために白石伸生氏はこの業界に参入したとも言えるでしょう。

最低1万円以上の投資額という会社がある中で、
10万円からの投資が条件ですから、分散投資という
複数案件への参入はしにくいと言えますが、
資金さえあれば、リスク回避力も大きいため
複数の案件に投資することも、気軽に楽しみながら行えると言えます。

リスク回避配慮と投資する側への気遣い

『みんなのクレジット』の少し高めの
最低10万円の投資からのスタートは、
小額投資の合計額が投資先の要望額に達するのも早いというメリットがあります。

その方法により、利回り平均の6から8%で
高額の利益を得られていますし、最高は
12%を超えていますから、非常に魅力的です。
また、投資をして損をすることも余りありません。

白石伸生代表を中心にスタッフたちの
優良案件への参入の見極めが土台にあります。
さらに、投資を受ける側から投資額の120%の
担保を取っているということが投資者に損させない強みとなっています。

それが、高利回りのソーシャルレンディング業界に
後から入りながらも確実に信頼度を高めている第一の理由です。
すでに、みんなのクレジットを利用している人たちも
キャンペーンの積極的展開の魅力だけでなく、
元本保全の仕組みの安定性に惹かれて利用しているという感想が多く、
投資者側に配慮した運営を感じるという高評価ばかりです。

案件数はどんどん増えており、平均の利回りも上がっており、
業界でも高水準の案件が増えているということが言えるでしょう。

白石信生代表の先見の明と経済分析などが功を奏しており、
今後も引き続き高利回りの案件に期待する人たちも増えています。
今や、安心して投資を任せられる会社だと評価する人が
増えていますので、特に、初めて投資を行う事を考えているので
不安だという人にとってオススメです。

参入投資分野の広がりと高度与信審査による安全性

全案件に不動産や動産、有価証券などをしっかり担保として
押さえてあるという貸し倒れリスクの小ささは大きな強みです。
その上、利息は毎月配当されるという他ではない待遇ですから、
大きな利を生んでいる実感がすぐに得られます。

運用期間は解約ができないというものの
1ヶ月から36ヶ月程度の比較的短い期間ですから、
先のめどを立てた投資もしやすいと言えるでしょう。

他のソーシャルレンディング会社では、
担保がない案件も多いですし、投資に対する利益配分はこまめには行われません。

まだまだ、これからという誕生して浅い
ソーシャルレンディングにおいて、リスクが高すぎる投資は
不安すぎると考える投資側の気持ちに沿った気遣いが感じられます。
利回りは保証されないのが投資ですし、元本保証もされることはありません。

リスクがあるのが特徴ですが、低くても4%の利回りを確保し、
元本割れの案件が1件もない運用は、実質リスク無しとも言えます。

みんなのクレジットは、現在は不動産を担保にとった案件がほとんどです。
しかし、白石信生代表の考えは、
動産担保ローンや病院の診療報酬債権担保ローンなども始める予定です。

日本初のファンドをどんどん展開し、
さらなる低リスク投資分野を広げていく頼もしさがあります。
利回りが更に高い案件もどんどんお目見えするでしょう。
しかも、投資案件の債務不履行回避のための
与信審査をより密に行うために
コンピューター知能を用いて確実な安全性を高める予定もあります。

融資金額の120%以上の価値を持つ
担保というだけでも大きな安心がありますが、
分野を広げる上に、更に高いリスク回避となる
システム構築は、投資する側にとって大きな安心魅力となります。