個人投資家がこれから注目しなければいけない投資方法に新しいバリエーションが増えました。

その新しいバリエーションの名前はソーシャルレンディングと呼ばれています。
これは個人投資の対象に
非常に社会貢献性の高いものが多いのが特徴です。

貸し付け型クラウドファンディング
呼ばれている点が非常に簡単に特徴を表しています。
実際には投資対象が
人口知能の開発など非常に社会貢献性の高い案件となっています。

基本的にはローリスクミドルリターンという非常に安定した投資案件がほとんどです。
ソーシャルレンディングはこれからの時代にマッチした投資バリエーションです。

レンディング以前の状況

インターネット文化が
普及してパソコンやスマートフォンなどの個人普及が圧倒的に広がりました。

こうした流れに比例するかのように
個人の資産運用も
様々なバリエーションのものが普及するようになりました。
インターネットを介して
個人投資家から事業や企業の立ち上げや、
製品開発に必要な経費をつのる
クラウドファンディングという資産回収方法も生まれてきました。

クラウドファンディングの良い所は
個人投資家が個人レベルで
気に入った案件に投資して見返りを受けることが出来るところです。

クラウドファンディングは基本的に個人が直接個人に投資するものではありません。

C to B(Consumer to Business)が基本となります。
これをさらに一歩個人投資に前進させた形が
C to C(Consumer to Consumer)になります。

C to C(Consumer to Consumer)のスタイルは
アメリカやヨーロッパではとても一般的なものとなってきています。

このC to C(Consumer to Consumer)を
日本国内で今後加速させていく
大きな要因となるものにソーシャルレンディングがあります。

この特徴はクラウドファンディングよりさらに社会貢献性が高いところです。
社会貢献性は個人投資対象として非常に重要な点となります。
個人投資を今後行っていく際に
社会貢献性はとても重要なファクターとなっていきます。

どこでクラウドファンディングをはじめるのが有効か

クラウドファンディングの投資を始めるにあたって、
気になるのはどこの会社のサービスを利用するかという事です。
オススメは『みんなのクレジット』です。

みんなのクレジットは多数のメディアで取り上げられている、注目の会社です。

みんなのクレジット代表取締役の
白石伸生のインタビューをみていくと、
レンディングがどのようなサービスで、
また将来的にどれくらい大きな市場となりえるのかを理解することができます。

ソーシャルレンディングとは
現在急成長中の投資方法であり、
融資を受けたい人と融資をしたい人とを
インターネットを介して結びつける新しい投資サービスです。

別名、貸付型クラウドファンディングともいいます。
貸付型クラウドファンディングは
投資型のクラウドファンディングとは違い、
資金を貸し付けるものなので、
株の配当を行ったり大きなリスクを負うようなものではありません。

白石伸生代表取締役のインタビューで
見て取れるように、この投資の
大きなメリットは小さなリスクで、高い利回りを見込めるというところです。

2016年度のソーシャルレンディングランキング
第一位の会社である『みんなのクレジット』は
10万円から投資をすることが可能なので、
比較的小さな元手で確実に利益を狙うことが可能となっています。

貸し付け型クラウドファンディングの
今後の市場が拡大するにつれて、
みんなのクレジットの注目度もどんどん高くなっていくことでしょう。

みんなのクレジット設立の思い

会社の代表取締役である白石伸生氏は
2012年にみんなのクレジットの
親会社である「株式会社ブルーウォールジャパン」を設立致しました。

そして2015年に株式会社みんなのクレジットを設立。
2016年から現在のサービスを開始しましたが、
たったの5カ月で成立ローン10億円を突破するという快挙を達成しました。

白石伸生氏は大学時代から様々な事業の立ち上げに携わってきました。
その経験が企業家としての大きな力となっています。
現在の『みんなのクレジット』を設立した思いとはどのような思いだったのでしょうか。

日本では昔からお金を借りたいと
思ったとしても、十分な金額を借りることができないことが多いのが現実です。
それは年収の3分の1までしか
お金を借りることができないという制限、規制がある為です。

無謀な借り入れを制限する事は、
あたりまえですが、中には、
もともとの収入が低い為に
自分が求める金額を借りることができない人たちもたくさんいます。

生活を一度立て直したいと考えた時、
例えば引っ越しなどでも一時的にまとまったお金が必要となります。

白石伸生氏はそうした人たちに
ソーシャルレンディングを通じて
お金が必要な人たちの力になれる仕組みを作りました。
それが株式会社みんなのクレジットなのです。

今後も、この思いを持ち白石伸生氏は新興国にも進出し、
カンボジアやベトナム、ミャンマーといった国でも
サービスを展開するように勧めています。

今後は日本だけでなく世界の白石氏となっていくでしょう。