インターネットサービスを活用した有望な投資サービス(クラウドファンディング)に、ソーシャルレンディングを挙げることができます。

小資金で多彩な案件に投資することで、安定した利回りを得ることができるために、FXや株などの投資と違いリスクの少ない点が注目されています。

『みんなのクレジット』は、後発の会社でありながら、高利回り、安定運用を提供しており短期間に利用者が増えています。
また新しい事業展開を予定しており、投資家の期待に応えていく準備を進めています。

新しい投資の形・ソーシャルレンディング

ソーシャルレンディングは、融資希望者と投資家をインターネット上のシステムでマッチングする新しい投資対象の機会を提供します。
リスクが伴う株式やFX等の投資商品に比べてローリスクであり、銀行預金に比べて配当が大きいローリスク・ミドルリターンの仕組みが魅力的です。

不動産投資などのように、開始当初に大きな資金を必要としませんので、手頃な投資対象の一つとして注目してください。

ソーシャルレンディングの魅力を知るためには、その仕組みと市場規模を把握することがポイントとなります。
小資金からの投資が可能であり、複数の投資対象となるプロジェクトに分散投資します。

貸し倒れなどのリスクを回避しつつ、有望な事業に積極的に投資することで高利回りを実現します。
お客様に提供する各種情報は、各社の公式サイトに情報が掲載されています。

担保、リスクヘッジ、保証の有無を確認の上で選択することが肝要です。
ソーシャルレンディングの国内市場規模は右肩上がりで推移しており、2017年移行も拡大していくと予測されています。

小資金、高利回りと魅力的な投資対象でありますが、投資先のプロジェクトが頓挫し貸し倒れとなるリスクが伴いますので予め留意して頂く必要があります。

クラウドファンディングによる資産運用は、新しい投資の形を提案するものであり、仕組みをよく理解した上で安心運用をするためには信用できる会社を見極めて頂く必要があります。

サービスの注目すべきポイント

『みんなのクレジット』はサービス提供元としては、後発の会社に位置するものであり、新たな顧客獲得のために、新しいサービスを計画し、展開していきます。

他の会社との違いを明確に打ち出し、魅力的な特徴を備えていますので詳細をご覧ください。
口座手数料、取引手数料はゼロ円でありながら、最低10万円から投資可能となっており、小口融資にも門戸を開きます。

同サービスの中では高めの開始金額となっていますが、その一方で毎月の利息、配当は高水準であり魅力的な内容となっています。
例えば、2016年4月8日に開始されたばかりのサービスであり、新規顧客へ魅力ある投資案件を提案しております。

年1.0~12.0%の高い利回りは、他の会社の中でも高水準であり、違いとして知っていて頂きたい特徴です。
サービスの利用方法は、インターネットサービスの一つであり、簡単な手続きで利用出来るように配慮されてクラウドファンディングです。

口座開設を行い、投資先の選択、入金処理、投資先の申し込みの順に進めていくことで、簡単にご利用を開始することができます。

月々の分配金を受け取った後は、別の投資対象となるプロジェクトを検討することもできます。
高利回りを実現できるのは、120%以上の資産価値のある担保を全ての案件に設定しているからです。

運用先の選択に迷う場合は、運用期間が短めのファンドを選択することでリスクを低減することもできますので、初心者は安全な運用から開始されてみるのも良いでしょう。

今後の白石伸生の事業展開にご期待下さい

ソーシャルレンディングには、新しい投資対象として期待を持つことができる分野であり、サービスを取り扱う会社の中でも『みんなのクレジット』は魅力あるサービスの他、新しい事業展開を計画しており、代表取締役の白石伸生が提供するサービスにご期待ください。

事業のコンセプトを設定する際に、強く念頭に置いていることは、資金を本当に必要としている人へ融資をしていきたいということです。

企業が個人に貸付する際に問題となる、総量規制のもとでは年収の三分の一を超える資金調達は困難となります。
そんな事業展開のために借りたくも借りられず困っている人に役立つ仕組みを提供していきます。

全案件に120%以上の担保を設定し、投資案件の安定性を保っています。
また、近い将来の新しいサービスの一つである「人工知能を採用した自動融資審査システム」を開発していきます。

最先端の技術であるディープラーニングを適応し、最適な審査を実施するシステムの開発に着手しています。
このシステムにより、融資額及び金利を最適化して顧客に提案することが可能となります。

白石伸生が進める事業の一つとして2017年秋にサービス開始を目指し、人員増加により鋭意開発を進めており、他の会社にない独自のシステム提案の準備を勧めている状況です。

新興国の資金調達ニーズにも注目し、東南アジアの小口融資サービス(マクロファイナンス)にも着手していきます。
事業拡大に意欲のある事業者に資金提供を行い、経済発展に貢献していく計画となっています。