ソーシャルレンディングは、複数の個人投資家と融資対象の事業者をインターネットサービスで結びつけることで、従来にはなかった大口投資を低リスクで利用可能とします。大きな資金を必要とすることなく、低リスクミドルリターンが期待できる新しい投資商品を提供したことが支持されている理由の一つです。

『みんなのクレジット』は、後発の会社ながら、少額投資投資案件の厳正審査、担保設定による資金の保全など様々なメリットが支持され、多くの利用者を獲得することができ、新しい投資スタイルの認知度向上に貢献してきました。代表取締役が積極的にサービスを牽引していきますので、今後の事業展開にご期待ください。

新しい投資の形・インターネット活用の概要と注意点

高利率の配当が期待できるようになったのがソーシャルレンディングは、インターネットで利用可能なソーシャルサービスを活用して、多くの投資家から投資資金を調達することが可能となっています。個別の投資資金は少額であっても大きな資金として集約することで、より有利な案件に参加することができるといった特徴があります。そのため、従来、機関投資家などでなければ参加不可能であった投資に、一般投資家が少額で参加できるようになった点に意義があります。株や為替取引に比べてリスクが少なく、不動産取引のような大きな資金も必要としない新しい形の投資として多くの投資家から期待が寄せられているサービスです。

少額投資、高利回りなどのメリットの一方で、貸し倒れ等のリスクを合わせて考えてください。元本が保証されていませんので、万が一の時の対処方法、及び資金回収の仕組みが明解に提供されていることにも注目して頂きたいと思います。さらに、信頼できる融資先の情報を多く保有していることも重要な条件となります。

複数のサービス提供会社があり、それぞれ特色のもと運営していますので、投資家自らの投資スタイルに適合した会社選びが重要となってきます。投資家と融資先の事業者の間をつなぐ会社ですので、提供している情報が役立つ情報なのか配慮していくことが大切です。融資先の信用性や将来性を見極めていくことで、初めて安定した運用が実現できることになるからです。

このニーズに応えてくれる会社の一つとして注目されている『みんなのクレジット』は、代表の白石伸生にフォーカスしていくことにします。

後発会社だがソーシャルレンディングの認知度向上に貢献している

『みんなのクレジット』は、2016年4月8日にサービス開始したばかりであり、同業者の中でも後発の会社ですが、新進気鋭とも言えるスピードで、短期間に口座開設数を飛躍的に伸ばしてきました。利用者に有利で安心できる投資案件を取り扱い、大盤振る舞いとも言えるキャシュバックなどを実施してきており、多くの投資家の支持を集めることに成功しています。ローリスクミドルリターンの安全投資と低資金で参加できる手軽さといったメリットが魅力的であることが、多くの方に認知されてきたというのが理由です。みんクレの愛称とともに、比較的、気軽に参加できる新しい投資スタイルを提供する会社として口コミや2chなどの情報を通じて、メリットが伝えられることで日々、利用者拡大の様相となっており今後のビジネス展開にも目が離せません。

ますます利用者が拡大してきており、ソーシャルレンディングそのものの認知度向上に貢献してきています。このサービスが多くの投資家から支持され、シェアを拡大してきた理由はいくつ考えられます。投資面から探ると、少額から参加できる本来のメリットに加え、投資案件となる事業者を独自の視点で厳選してきた点です。信用力や将来性などを厳正に審査しています。

さらに、仮に融資対象となる事業者が当初の予定通り返済できなくなった場合においても、投資金額の120%に相当する担保を設定して、資金の保全を図っています。この2つのポイントがあるため、先行する他の業者に一気に肩を並べる事になってきています。

代表取締役社長・白石伸生が展開するサービスと今後

代表取締役・白石伸生の事業コンセプトの根底には、自らの起業経験をもとに、事業経営者が借りたいときに借りることができる融資サービスを提供したいといった想いがあります。投資家サイドからみても、大口の投資家に限定されていたような優良な投資案件に、気軽に参入できるこの投資商品に注目したのは、個人の投資家の立場を配慮しての事と語っています。お互いが幸せになることができる、この投資スタイルはまさに、みんなの投資商品であると言えます。

後発のサービスながら、業界内の注目株にまで一気に業績を伸ばし、ソーシャルレンディングの認知度向上に貢献することができたのは、顧客ファーストの魅力ある案件の提供が大きな理由となっています。

様々なキャンペーン、キャッシュバックなど、他社に先んずる有利な投資商品を広めることができています。低金利時代の新しい資産運用の手段として、多くの個人投資家や事業者に広く利用されることを代表も望んでいます。このサービスを牽引する為に、代表が提示する今後の事業コンセプトにも耳を傾けてください。2017年にはリリース予定の人工知能による融資審査システムの開発や、新興国へ向けての融資など、他社にはない新しいサービスの開発に着手し、アグレッシブに事業展開を図っています。業界のサービス内容を一般に広めた業績に留まらず、さらなるスタッフの増強やサービスの充実など、新たなステージへ走り始めたこの会社に注目です。