ソーシャルレンディングはネット上でお金の融資を受けたい人と融資したい人を
結びつけるサービスです。
そのため当然融資先がダメだと儲からないことになります。
また元本保証もないので不安でしょう。

しかし、実態としては、投資よりも銀行預金に近いレベルでの安定稼働をしています。
詳細については後述しますが、ローリスクミドルリターンです。

 

ソーシャルレンディングは圧倒的な成功率

成功率というと、失敗のリスクがある程度あるような言い方ですが、
実際は歴史の浅い業界ではあるので、リスクがまったくないとは言えないです。

しかし、今のところ元本を割るような事態も起きていませんし、
利息分もきっちり支払われています。遅れる事例はありますが、
支払われなかった事例はまだ起きていません。

このようにローリスクであることは間違いないです。
しかし、元本保証が実際にあるわけではないですし、
また後述しますが、
解禁業法の問題上融資を受けている企業の情報を公開できません。

そして歴史も浅いという事情をトータルで鑑みると、
確実にリスクがないという判断まではさすがにできないということです。

実際に何かリスクと思えるような融資状況が発生したという話ではありません。

そして、高い実績の割には、利回りも10%前後のものが多く、
銀行預金とは比べものになりません。

成功事例のわりに金利が高いのは、認知度の低さと、
上述したような不確定要素があるからです。
どの点を気にするかは人それぞれですが、お得なことは間違いないです。

 

情報公開の観点での問題

ソーシャルレンディングは圧倒的な成功率を誇っているのですが、
信用度が実績のわりには低い部分があります。

その原因は、日本人が新しいものに対して懐疑的だというとや、
そもそも金融にあまり興味がない人が多いので、
単純に細かいことまでは知られていないということはあります。

しかし、それだけではなく確実に貸金業法の影響を受けています。
これは、融資先の企業を融資者に公開してしまうと、
貸金に当たるためにそれはできないという法律の解釈です。

ソーシャルレンディングはあくまで融資をつのっているだけで、
お金を貸しているわけではないため、
貸金に当たる制度を適用するわけにはいかないという理屈です。

法解釈としては理にかなっているかもしれませんが、明らかにメリットはないでしょう。
業者からしても信用を築くためには公開したいところですし、
当然融資する側も融資先の企業は判断材料になるので知りたいです。

ファンドマネージャーがどこの企業を選定したのかわからずにお金を融資し、
結果お金だけ増えて戻ってくる状況です。

 

『みんなのクレジット』はおすすめ

ファンドの詳細を知ることはできないが、結果が付いてきていることは事実です。
実際ファンドがどれだけの収益を上げているのかはまったくわからないですが、
結果的にお金が増えればそれでよいという人も多いでしょう。
しかし、本当に増えるかどうかが判断できないので融資しにくいということです。

では何を基準に融資先を決定するのかというと、
その会社とファンドの信用しかありません。今はネットでも情報を見れるので、
判断材料として最適です。情報はいろいろ出ているのですが、
当然すべてが正しいとは限らないので比較検討してください。

今ネット上でも評価が高いのは『みんなのクレジット』が圧倒的です。

歴史の浅いソーシャルレンディング業界のなかでも特に歴史が浅い、
2016年にできたばかりの企業なのですが、早速頭角を現しています。

ローリスクハイリターンを実現しており、10%を超える利回りの商品も多数出ています。
複数の会社を利用して融資している人からも、
みんなのクレジットの方があとに融資したのに、
先に高い利回りで戻ってきたという声が相次いでいます。