ソーシャルレンディングは、
これまで行えなかった融資を率先して行うことができます。

例えば個人向けの無担保ローンであったり、小規模事業主への融資などです。

事業内容がよければ投資する。
このスタイルは従来の投資サービスでは難しいものでした。
しかし、インターネットで広く募ることで新しい事業を次々に実現させてきています。

 

ソーシャルレンディングが必要とされる理由

ソーシャルレンディングが重要な点は、融資対象がとても広いということです。

 

担保がなくても、事業規模が小さくても、個人であっても融資されることが多くなっています。
これらの対象者は銀行やベンチャーキャピタルでは相手にならないことがほとんどです。
クラウドファンディングで資金を調達するケースも増えていますが、
現金で利益を還元されることはほとんどありませんので、
投資としては考えづらいのがネックでした。

 

そこでソーシャルレンディングの出番となります。
ソーシャルレンディングはあくまでも投資として検討され、
融資した金額の返済から利益を還元する方式です。

 

利回りについても出資額に応じて変動させないことで、
少額投資でも十分利益を発生させられる方式を選んでいます。

 

この方式を使うことで出資者が大変多くなっています。

また、小規模事業主無担保ローンも実現しやすくなります。
無担保ローンが実現できる仕組みは事業内容のチェックが厳しいからです。
仕組みとして単純でありますが、社会的に必要な事業も多いことからサービスが増えてきています。

 

ソーシャルレンディングで利益を上げる方法

投資は確実に儲かるということはありません。
失敗も残念ながらあります。

しかし、失敗のリスクを下げる方法はありますし、
みんなのクレジット」社のように元本割れをこれまで起こしていないという企業もあります。

 

投資でリスクを減らすには2つのポイントがあります。
1つは担保を取ることです。
個人向けの無担保ローンなどでは難しいことですが、
さまざまなタイプの投資が可能ですから担保ありきで行う投資も多くなってきています。

担保については不動産であることが多いのですが、
不動産投資の場合は特に立地などを考慮した担保設定となることも多くあります。

 

2つめは分散投資です。

リスクを下げて利益を上げるには細かい運用を積み重ねるのも重要です。
その際、気になるのが手数料です。

専用口座への入金手数料がかかるのはやむを得ませんが、運用益からの手数料等は少ない方がよいです。

しかし、サービスごとに手数料は自由に設定でき、
利率もかなりの差がありますので、
サービスを利用する前や出資前にはしっかりとチェックしておくことが大事です。

 

どのサービスを選ぶとよいか

多くの企業が参戦している投資手法であり、多くの商品が毎月のように生まれています。

しかも利回りから運用期間もばらばらであり、
選ぶのが大変と言う方も多いようです。

そこで見て欲しいポイントとしては3つあります。

 

1つは出資金額

数百万円から出資可能な案件もありますが、
10万円程度から始められる商品を選びたいものです。

資金的に余裕があるとしても、
分散投資をするという意味では10万円程度の少額出資が良いとされています。

 

2つめは手数料

利益確定後にも手数料がかかるケースがあり、
他にも多数の手数料が設定されるケースもあります。

できるかぎり手数料を省いてくれるサービスが理想的です。

 

3つ目は運用期間

長期的な運用も魅力的ですが、分散投資では短期間の運用が仕組みとして理想的とされています。

また、短期運用であっても利益率が変わらないことが大事です。

これらのポイントを総合的に踏まえると 『みんなのクレジット』 が断然よいです。

インターネット上の口コミでも安心して出資できたという意見が多く、おすすめのサービスです。