ソーシャルレンディングの投資においてある程度利益が出た場合に
確定申告を行わなければなりません。

しかし確定申告には様々な決まりやケース別で申告方法が異なるため、
今回は確定申告が必要なケースと不必要なケースの違いや、
確定申告の色の違いによって何が変わってくるのかを解説します。

投資を始めたい人や投資をはじめたばかりの人はチェックしておくとよいでしょう。


ソーシャルレンディングの投資で確定申告は必要?


そもそも確定申告とは1年に得た所得すべてを申告し、
納税額を確定させるためのものです。

通常会社などに勤めているサラリーマンなどの場合、
あらかじめ給料から天引きで納税を行っているため確定申告をする必要はなく、
年末調整で税金などの調整がおこなわれます。

そのため確定申告は一般的に個人事業主などがおこなうものと
認識されていることも少なくありませんが、
実際には会社員であっても給料とは別に収入があった場合に、
確定申告を行わなければならないことがあります。

これは主に株などの投資で配当金を得た場合や、
アパートや自宅の賃貸や月極駐車場を所有しているなど、
不動産収入を得た場合や、会社勤めでも2箇所以上で給料を得た場合に
正しい税金を納税する必要があるため、確定申告が必要となってきます。

そのためソーシャルレンディングがおこなえる、『みんなのクレジット』などで
投資を行い、利益を得た場合に確定申告が必要となるのです。

しかし全ての人が確定申告を行う必要があると当てはまるわけではありません。

具体的な金額が決まっており、
1月1日から12月31日までに20万円を超える収入があった場合、
確定申告をおこなわなければならない
のです。


確定申告の「白色申告」と「青色申告」とは?


ソーシャルレンディングで利益を得た場合確定申告を行わなければならないため、
申告の準備を始めるにあたって、最初に疑問となるのが、
「白色申告」「青色申告」です。
個人事業主などが行う確定申告には白色の用紙と青色の用紙があります。

そもそも確定申告で申告する収入とは、利益を得てもそれまでに事業に必要な
消耗品の購入、交通費、店舗の賃貸料、人件費など、様々な経費がかかるため
すべてが得た収入がすべて利益になるというわけではありません。

そのため収入からこれらの経費を除いた利益の金額だけを
確定申告で申告すればよい決まりとなっています。

しかし実際には個人や事業によって、事業規模によって、
経費がどの程度かかるかなどの状況はさまざまであり、

同一の規定を設けてしまうと不平等となってしまうため、
大まかな計算で申告が可能である白色申告と、
控除額は大きくなるが細かな計算が必要となる青色申告の
2つに分けられているのです。

この白色の用紙で申告した方がよいか、青色の用紙で申告した方がよいかは、
それぞれの状況や収益によって異なってくるのです。


ソーシャルレンディングで得た収入で異なる申告方法


ソーシャルレンディングで収入を得た場合、
白色申告がよいか青色申告がよいかは一丸にどちらが良いとはいえません。

例えば利益率が高く収入得やすい『みんなのクレジット』を利用し、
年間10万円の収入を得た人、30万円の収入を得た人、100万円の収入を得た人では
確定申告の方法が異なるためです。

まず年間10万円の収入を得た人は確定申告の必要はなく、

30万円の収入を得た人は白色での申告が適しているとされています。

投資としての収入がそれほど多いわけでもなく、
パソコンの使用時間も少なければ経費として計上できるのもわずかです。

また事務処理にあまり時間をかけられない、
これまでに計算をしたことがない場合は、白色の用紙の方がより簡単に
済ますことができるのです。

しかし収入が65万円を超えた場合、
青色用紙での申告が適しているとされています


青色申告では簡単な帳簿を付けるだけで10万円の特別控除を受けることが可能であり、
簡単に節税することができるのです。

また投資での収入が65万円を超えた場合、詳しい帳簿の提出が必要となるものの、
青色申告の場合は最大で65万円の控除などの優遇を受けられるため、
帳簿の作成ができる場合が青色での申告が適切とされています。