ソーシャルレンディングはさまざまな事業を対象としています。

特に銀行や各種ベンチャーキャピタルから相手にされないが、
社会的に意義のある事業も多数扱うことが多く、
商品としては危険な事業もあります。

どの事業を選ぶかは出資者次第ですが、
動産や不動産などの担保のある商品を選ぶことでリスクを下げることができます

 

ソーシャルレンディングの融資先について

ソーシャルレンディングでは投資先の情報がすべて公開されます。

サービス会社によってはリスクについても記載がされ、選ぶ際の重要な情報です。

これらの情報から利益率が決められますが、
多くは他の投資よりも危険性がないようにリスクを考えた運用が行われることが多いです。

 

その一つに投資先の選定があります。

サービス会社は自由に投資先を探すことになりますが、
得意な分野を中心に選定されることが多いです。

そのため、商品は偏りが出やすいのですが、
融資先の安全性をしっかりチェックできる意味で偏りは問題にならないことが多いです。

 

特に不動産投資の場合は建物から得られる利益が重要であり、
事業主の運用方法が重要です。

そのため、しっかりと見る目が重要となり、経験と知識が必要です。

 

また、建物の場合、立地が悪くても事業として成功させられることも多く、
実績として重要な項目です。

商品の情報を見て立地が悪いからリスクが高いと考える方も多いですが、
立地の悪さを踏まえて利益を出せる事業を紹介することもサービス会社の力といえます。

 

ソーシャルレンディングの選び方

多くの企業が参戦している投資サービスであり、
また多数の商品が公開されています。

そのため、選択がとても難しくなってきています。
そこで提供しているサービス会社の選び方を考えてみます。

 

1つ目のポイントは分散投資

利益が少なければ安定志向であることが多いですが、
利回りがしっかりないと投資がしづらくもあります。そこで分散投資が重要です。

トータルの利益をどのように出すかが重要となります。
ただし、手数料がかかりすぎる会社もあるのでしっかりチェックしたいところです。

 

2つめは運用期間

長期的な投資をしている方も多いですが、
短期投資で利益を確定させながら進めるという方が増えています。

しかし、従来の投資では期間が短いと利回りが悪いケースもありました。
しかし、ソーシャルレンディングの場合は利回りが出資期間に影響しないケースがほとんどです。

どの程度の運用期間の自由度があるかしっかり吟味しておきたいところです。
これらのポイントを踏まえると、
不動産投資なら「みんなのクレジット」という投資会社が最適と考えられます。

 

みんなのクレジットが良い理由

みんなのクレジット」は不動産投資を中心としている会社です。
ソーシャルレンディングに対しても積極的であり、
少額投資、短期間投資をポイントに好評な企業の一つです。

 

不動産投資では物件の選定がとても重要ですが、
長年の経験を活かした融資先の選定には定評があり、失敗の少ない投資が魅力です。

 

事実、これまで元本割れをした事業はありません
投資では完全に成功するということはありません。

 

しかし、リスクを減らすことはできます。
この会社では融資先に動産や不動産の担保を要求しています。
担保があるおかげで投資しやすくなりますし、利回りも考慮しやすくなります。

 

また、それぞれの事業において各種手数料は入金時の振込手数料程度です。
運用益からは一切の手数料がひかれない点もうれしいところです。

 

そして、短期投資についても積極的に考慮されており、1ヶ月単位での運用が可能です。
運用期間を自由に設定できるので投資のスタイルに合わせて自由に調整可能です。
ただし、設定後は変更できないので注意が必要です。

 

運用にあたっては一括返済で利益が減ることもありますが、
元本割れは起こしたことが皆無の企業 でもあるので投資はしやすいといえます。