ソーシャルレンディング が投資の手法で注目を集めていますが、
利点が多いことはわかっていてもなかなか踏み出せない方も多いようです。

投資は失敗することもありますから、注意して進めて悪いことはありません。
しかし、ただ、怖がっているだけではなく、
投資手法について積極的に知れば、大きな道が開けると考えられています。

 

ソーシャルレンディングの投資先について

投資には投資先が必ずありますが、
従来の投資の方法と違って、ソーシャルレンディングの場合は
今まで銀行やベンチャーキャピタルなどが相手にしてこなかった中小規模の社債や新興企業、
新興国などに光をあてている投資手法となります。

 

投資といえば、「お金儲け」という印象を持つ方が多いですが、
これらの対象はまさに金儲けからは遠い、もしくは危険だと考えられているのです。

 

しかし、事業内容がよければ投資して助けることも重要です。

このように社会的に意味のある投資をすることが、
ソーシャルレンディングの中心的な考え方です。

 

もちろん、危険な投資を続けるわけにもいかないので、
しっかりと事業内容は調査し公開され、投資家に選択を委ねます。

事業内容の調査についてはそれぞれのサービス会社が調査しますが、
銀行やベンチャーキャピタルなどと同等の調査をし、長期的な投資でも問題ないか、
投資額はどれくらいが妥当かなどを厳しくチェックします。

重要な事は、
いままで門前払いだった企業や国の事業を助けることですが、チェックは厳しく行われます。

 

ソーシャルレンディングの融資先について

融資先については新興企業や新規事業、
事業拡大など一般的にわかりやすい内容が多くなっていますが、
中には不動産投資であったり、太陽光発電事業などもあり、バラエティに富んでいます。

 

特に、サービス会社次第で商品化していますので会社ごとに独特の商品があることが多いです。
そのため、自分で商品を理解できるかが重要な観点の一つです。

 

事業内容についてはしっかりとした説明、デメリット、メリットが公開されますが、
特に注意したいのが投資期間と出資額です。

 

他の投資と違って1万円程度から1ヶ月運用も可能になっており、
期間や出資額で利回りが変わってくることもありません。

他の投資との一番の違いであり、融資先のチェックだけでは足りないのです。

利回りだけで判断される方も少なくありませんが、
確実に儲かるという話はありませんので危険性を踏まえてチェックが大事です。

また、短期の利回りも悪くないことから、分散投資を積極的に行う方も多いです。
数万円から始められるからこそ、多くの商品をチェックし、安全性を高める投資が可能となっています。

 

ソーシャルレンディングで選ばれる会社

この投資方法では商品自体も重要ですが、
サービスする会社がとても重要です。融資先の選定、利回り、期間の設定は各企業が行うものであり、
商品の特徴が出やすいです。

そのため、商品を選ぶ際には会社についてもチェックしたいところです。

ただし、サービスしている会社は多数あるので選ぶのが大変です。

 

そんなときには大手の『みんなのクレジット』をまずチェックすることをおすすめします。

みんなのクレジットでは不動産投資を中心に商品化しており、
10万円から始められる少額運用にも対応します。

インターネット上の口コミでも安定した投資商品が多いこと、
システムが使いやすいのでパソコンに詳しくなくても始められた、などという好意的な意見が多くなっています。

 

もちろん、投資なので失敗の恐れもありますが、口コミやウェブで公開されている情報を見る限り、
元本割れは無いとのことなので投資を始める上で頼もしい存在となります。

特に融資対象に必ず不動産、動産のどちらかで担保を取ることがポイントです。
投資に保険をかけることで、
投資者を保護する取り組みが進められているのもおすすめできるポイントとなっています。