銀行の預金金利がほぼ0になり、
定期預金も金利がほぼなくなってきたご時世なので、
資産管理には投資をすることが必須となっています。

 

しかし、株式投資やFXは技術が必要なのでなかなか手を出せず、
銀行などが進める投資は高金利なものはデメリットが大きく手が出せません。

そこで注目されているのが『ソーシャルレンディング』です。

 

ソーシャルレンディングの利回りについて

ソーシャルレンディングは、
従来の投資では対象とならなかった方々にも手を差し向ける投資です。

銀行の投資では安定した事業であるかを調査されますし、取引がない企業にとってはほぼ融資を受けられません。

 

また、ベンチャーキャピタルなどは特許などがなければ相手にされませんし、
ある程度の融資額がなければ対象とならないケースがほとんどです。

 

しかし、事業としては小規模であったり、
新規の事業であったとしても社会的な意義が見いだせれば投資をするのがソーシャルレンディングです。

もちろん、通常の投資対象にも目を向けますので投資先はたくさんあります。

 

また、投資をした見返りとしては月々の返済から投資家に還元される仕組みです。
そして利回りについては他の投資サービスとほぼ同等、
もしくは高めに設定されているので高金利を期待されている方にも注目を集めています。

社会的な意義をもった投資ですが、高金利であり、
投資をすることで社会貢献にも繋がるということで出資する方が増えています。
また、初めての投資にも絶好のサービスです。

 

ソーシャルレンディングの内容

ソーシャルレンディングは各投資会社が独自のノウハウでサービスをしています。

太陽光発電事業の得意な会社、不動産投資が得意な会社、
新興国の事業展開をする会社などそれぞれ投資商品に特徴があるものです。

 

そのため、商品説明を理解できるサービスを選ぶ方が多くなっていますが、
利回りがかなり違うので注意が必要です。

基本的に元本は保証されませんが、
匿名組合方式で運用されますので責任範囲は出資額に応じたものとなります。

元本割れをする可能性が高い商品は多くのサービス会社では扱わないことが多いのですが、
チャレンジングな商品もありますので注意したいところです。

 

安定した投資先を探すなら不動産投資に強い企業がよいです。

例えば、「みんなのクレジット」などは口コミでもかなりの評価をされています。
「みんなのクレジット」がおすすめな理由は扱い商品が安定した物件であること以外に、
運用期間が1ヶ月から選べる、10万円から始められるなどがあります。

初めて利用する方には短期で試しながら学ぶことができますし、ベテランの方には利回りで注目できる会社です。

 

「みんなのクレジット」社のサービス

たくさんの会社が商品を作っているのに、この会社を圧倒的に勧める理由は2つあります。

1つは安定した商品が多いこと、
もう一つは投資者のことを考えた仕組みを基本にしている会社であることです。

 

投資に絶対儲かるということはありません。
失敗すれば元本がなくなることも考慮するべきです。

その上で利回りをしっかり得ながら投資をすることになるのですが、
この会社の商品は多くが不動産担保をとっています。

投資において担保は保険のようなものですから、
これだけでも投資をする理由にする方がいるほどです。

 

インターネット上の口コミを見ても “安心感が違う” という意見が多いです。

また、10万円から1ヶ月単位で運用を依頼できますので、
分散投資もし易い仕組みです。

運用期間については契約後に再契約できないので魅力的な商品では、
ついつい長期の運用をしたいと考えがちですが、月々の運用益が出資額によらず一定であり、
出資額に応じて入る仕組みなので期間を気にせず商品をチェックできます。

 

運用期間に自由度がある投資は初心者でもベテランでも重要な点であり、
「みんなのクレジット」を選ぶ理由の大きなポイントでもあります。