ソーシャルレンディングを検討する方が増えていますが、
理由としてリスク対策があるようです。

従来の投資との違いがまさにこの点であり、運用期間を比較的自由に、
しかも短期間から設定できるのが利点としてあげられています。

投資のリスク対策としては分散投資が重要ですが、
投資期間を出資者側で決められるのは大変な利点といえます。

 

ソーシャルレンディングの投資期間の決め方

ソーシャルレンディングでは、
多くの方からから出資を募ることになりますが、
その際、ファンドの特徴として少額運用、投資期間の自由度があります。

投資期間については投資する事業内容に合わせて行われますが、
この投資方法の場合、毎月の返済額から利益が還元されます。

 

利益の計算は出資額に関わらず一定の利益率となりますので
短期間で少額出資でも十分投資として魅力的なのです。

投資対象は各投資会社によってさまざまであり、利益率もかなり異なります。

 

リスク対策としてソーシャルレンディングを利用する場合には、
短期での運用が多くなるようですが、、、
短期といえども元本保証はありませんのでファンドごとにチェックを厳しくする必要があります。

 

投資対象としてファンドを決められない場合には、
不動産投資がおすすめとなります。

不動産投資は担保物件をとっていることが多く、損害が少なくて済むという利点があります。

利益率は低い場合が多いのですが、
ファンドによっては運用益が高い場合もありますので
不動産取引等に精通している会社を選びたいものです。

 

ソーシャルレンディングで不動産投資

不動産投資といえばある程度の資金を投資すること、
長期的な視野に立って行うことが多いのですが、
投資の素人であったり、潤沢な資金がない、
短期での利益が欲しいなどの場合は出資できないのがネックでした。

 

しかし、ソーシャルレンディング化することでこの問題は解決します。

インターネットを利用して数万円程度から出資可能な投資サービスであり、
運用期間も最短1ヶ月からと出資しやすい状況となっています。

 

また、不動産投資と絡めることで安定性が増すという口コミも多数あります。

 

しかし、実際の運用では、
不動産に対してのノウハウの有無で大きく利益が変わってきます。

不動産投資だから少なめの運用益でもよいことはありません。

そこでサービスをしている会社をしっかり吟味したいところですが、
おすすめは『みんなのクレジット』です。

この企業は長年不動産投資を扱っており、高い利回りをもたらしてくれます。

また、不動産担保をとる投資手法と、
初心者にも優しいインターフェイスをもったシステムがあり、
安心して投資ができると話題の会社です。

 

みんなのクレジットの不動産投資

みんなのクレジットでは大きく分けて3つのポイントがあります。

1つめは運用期間の自由度です。

一般的なサービスでは半年や1年単位での契約が多いのですが、
1ヶ月から始められるのがポイントです。
また、運用期間は利益率に関係ないので短期の出資でも十分利益が得られます
特に分散投資をする方にとっては重要なポイントであり、
短期で利益を確定させられることは安心感にも繋がります。

 

2つめのポイントは運用額です。

少額投資を多数集めて大きな事業を行うことになりますが、
高額な不動産を扱う際にも10万円からと、
一般的な不動産投資の出資額よりもかなり低い出資で始められます

もちろん、金額は更に上げられますので投資スタイルに合わせて参加できます。

 

3つめは安全策です。

投資に確実なものはありません。
ただ匿名組合式なので元本割れはありますが、追加出資は必要ありません。
また、この会社では元本割れを起こしたことはなく、安心して出資できたという口コミが多いです。

さらに、手数料が全くかからないので、多くの投資がしやすくなっているのもポイントです。