みんなのクレジットは利息が毎月配当されるメリットがあります。

ソーシャルレンディングは貸付型クラウドファンディングですから、
企業に貸し付けた金額は、毎月利息として配当されてきます。

ソーシャルレンディングは誕生して10年も経ってはいませんが、
銀行の貸し渋りを背景に急速に普及しています。

上場をしなくても、
一般からの公募をすることが可能なクラウドファンディングを利用して、
資金の調達を行う中小企業の経営者は増えてきています。

また、出資では無く、貸付という新しい形の投資商品を使って、
低リスクで高利回りの投資を行う投資家が増えています。

ベンチャーキャピタルに形態は似てはいますが、
自社の未公開株でファンドを組成して公募を行う場合には、
上場することが前提になります。

ソーシャルレンディングは、株式市場に上場することも無く、
一般から公募を行うことのできる資金の調達方法です。

企業に対する金銭の貸付ですから、
毎月貸付金の利息という形式で配当を得ることは可能です。

みんなのクレジットの場合には、運用利回り7%で毎月配当を得ることが可能です。

長期的な貸付では無く、短期的な貸付でありますので、
企業倒産による貸倒のリスクはありません。

3ヶ月単位の短期融資ですので、
3ヶ月後には融資を行った企業から一括で返済をされる仕組みになっています。

リスクも無く高利回りを得れる商品はそうは無いものです。

銀行からの資金の調達は、創業間も無いベンチャーや中小企業では難しいものです。

ネットを使って、貸付を行ってくれる投資家を募る、
貸付型クラウドファンディングを用いて、
安定した企業経営を実現していくことが可能になります。

ソーシャルレンディングは誕生して10年も経っていない市場ですが、
上場することも無く、公募を行うことができる金融商品です。

投資では無く、貸付という形ですので、
毎月確実に利息を配当という形で受け取ることが可能です。

ソーシャルレンディングで出資金を募るということは、
世間一般に自社の存在をアピールしていく活動です。

上場企業のIRと同様な活動ですが、
株式市場に上場しなくても実践ができる簡易さが魅力です。

自社のビジネスモデルやサービスを浸透させていくことは、
自社の認知度を上げていき売上の向上につながっていくものです。

銀行の貸し渋りや長期プライムレートの低迷により、
運営資金を欲しがる企業と、効率の良い投資を求める投資家を結びつけています。